Aephのインタビュー - Batofarでライブ, パリ - 都市再生主催

Batofar, パリ, フランス, 6月27日から6月28日まで.

もう一度, 狂ったように充填したBatofarで素敵な夜. Aephは最初に場所を設定, 幸いBatofarは消防艇です.

都市再生は別の素晴らしいパーティを開催し、第二Bassjunkeesライブインタビューはすべてpodjunkeesポッドキャストの間で利用可能です.

BJR: Aephこんにちは, あなたはどのように今夜は感じていますか

BJRによってAephインタビュー

Aeph: 私は偉大な男を感じている!

BJR: 私たちはあなたからあまり期待していなかった. 観客は非常に興奮し、空気がパリで非常に電気今夜です. 遊びながらフランス語の女の子があなたにジャンプします, あなたは警告されました?

Aeph: (笑) うん、私はそのための準備ができています, うまくいけば, とうんクラブが詰め込まれており、私はそれについて本当にハピよ. だから、今夜のために楽しみにして, と私は、人々は私がやっているものを楽しむつもりです期待. うんだから, それについて非常に肯定的!

BJR: もちろん、我々はそれをお楽しみいただけます! あなたは、オーディオからの私達の友人とかつてここプレイしました, あなたの印象abontこのボートは何ですか, ここにこのクラブ?

BatofarについてAeph

Aeph: あなたはめまいを感じさせる (笑) それはあなたがいなくても踊り​​たいように踊りたいを作るようにあなたが知っている, それは一人で動いているので. 今、それは私がボー​​トに乗ってプレイするよう意味邪悪なのはいつもあなたが知っている本当に良い経験です. これは1のようにボートに乗って遊ぶのは本当に一般的ではありません, とダンスフロアは本当に大きなでない場合でも, 雰囲気だけで素晴らしいです! あなたが人々のトンの前で演奏しているように感じる.

BJR: 正確に! そして、何のハードウェアには、再生のために使用しようとしている?

Aeph: 私は、Abletonのを使用するつもりだとDJのふりをするつもり私はよ. (笑) Naaah私は二CDJsを使うつもりだと私はミックスをつもりだ, 旧式.

BJR: あなたのプレイリスト今夜について? 我々は待っている必要があります任意のダブプレート? 来るためにあなたの次のリリースではどうでしょう?

BJR上MesBass

Aeph:私はいくつかのダブプレートを果たすつもりだ, しかし、私はいくつかのクラスのaswellを果たすつもりもよ. 人々がトラックを認識し、多分彼らの友人を見て、言うとき、私は好き “うん、私はこの1つを知っている”. うん、私は今後のもののいくつかを再生つもりだ, いくつかは何人かの友人からもダブプレート, 最後の3ヶ月で今のところ本当に多くのもの, そしてすべての曲は本当に良い行き. 私はrealeaseに行くよ次の二つの曲が新しいバッドテイストボリュームのバッドテイストの録音であることを行っている 5 アルバムと我々はその結果のために楽しみにしています. 私たちは、このアルバムではあまり力を入れて、それは素晴らしいってことですね、私は確信している. そして私はおそらくつり音楽のための単一をドロップするつもりです. ヤップ, 持ち上げがついに帰ってきた.

BJR: はい, これが私の印象です. 私は非常に多作感じyou'eを持っている.

Aeph: 私は、より成熟したんだからだ! (笑)

BJR: 私は品種であなたの最後のEPを発見したとき、私は非常に興奮していた 12 インチ. These tunes are so heavy and mak you wanna dance and put your hands up, aswell as your EP on Bad Taste recordings, and especially Nightrider! Your brand is retro futuristic style combined with roaring and rolling sounds. How and when did you start making Drum and Bass?

Aeph: I started in 2007 so it’s been 5 years since I’m around this business and things are getting better now. At the begginning I start by procuding other stuff and then when I discovered Drum and Bass with artists like Dillinja and Subfocus, 振り子, I relized that that was what I was looking for, for music. In the beginning it was a bit hard because Drum and Bass is really complicated to produce, especially five years ago. Computers weren’t so powerful and it was kind of hard to get nice samples, libraries and stuff. And now kids, for them it’s much more easier. And then nothing, I just carried on like this and I’m really enjoying what I’m doing. Right now, this is my full time job and I’m really proud and happy about it.

Aeph waiting for the next question

BJR: Do you use keys to build your sets?

Aeph: Not really, I’m more like I’m gonna see what’s my mood of the moment, see what the crowds want. I got more or less like a tracklist in my mind. I’m playing quite often so I know which tunes are OK to mix with another one. But if I see that the crowds are not enjoying what I’m playing, I switch with something else. So I don’t have time to look at the key or stuff like that.

BJR: You’re an Italian native, now living in London. Was the Drum and Bass scene your motivation to leave Italia for England?

Aeph:I move to England for several reasons. In Italy, things weren’t going so good. Now they’re totally shit. But back in five years ago, it was starting to be really bad. Plus I wanted to learn English. And I wanted to produce Drum and Bass in London because, nowadays you can produce Drum and Bass everywhere and get releases and get gigs. But I wanted to meet people face to face you know, trying to understand if I like the people around me.

BJR: The boat is almost sinking right now. (笑) You can feel the boat moving. And the amps are burning just right there. Are you ready to make the volcano explode?

Aeph:I’m fucking ready guys! Nice one!

BJR: Do you have apprehension before setting on fire?

LET’S DO IT!!

Aeph:I used to have some. Now I’m getting too old to be worried about it. But yeah always, alwaysAs soon as I’m gonna look outside, I’ll be like oh f*ck! But then as soon as you start to play, as soon as you play thatplaybutton, everything is gonna change, straight away.

BJR: So I will let you take place behind the desks. Any word you want to add up?

Aeph: LET’S DO IT!!

 

Aeph showed everyone that he is a DJ full of ressources and energy, very professional! The Batofar was really really packed. It was madness on the dancefloor, and saying Aeph set the place on fire was really not a joke.

The crew and the DJs were all very nice, huge thanks again to the Batofar crew and AdrienM for his great photos!!

 

Video bonuses:

- Noxon: http://youtu.be/4zCrtKgOMPw
- Aeph I: http://youtu.be/oTQT3FxHmQ8
- Aeph II: http://youtu.be/_3Txl44VUt8
- Aeph III: http://youtu.be/VilFghqK4fk
- Tojas I: http://youtu.be/wR4L-c27juc
- Tojas II: http://youtu.be/Enku0vgOg5U

 

Watch and download the photos from the Urban Renewal at the Batofar:

> の写真: Aeph/Noxon/Tojas/Harry/Erastz – Hosted by Urban Renewal – 27/06/2012 @ Batofar Paris/FRANCE by AdrienM

> の写真: 都市再生主催Aeph - 27/06/2012 @ Batofar Paris/FRANCE by AdrienM

 

Listen to the interview of Aeph again at the Batofar:

> Aeph Live from Paris hosted by Urban Renewal

 

Support Aeph on the web:

Aeph Beatport artist page

Aeph Soundcloud

Aeph Facebook page

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
カテゴリー: AdrienM, Aeph, オーディオ, Batofar, イベント, フランス, ゲストDJ, インタビュー, イタリア, パリ, 写真, 都市の再生
ラジオ
使用可能なストリーム 4

BassJunkees.com

ILoveDrumnBass
これは、フランスを回していき
Bassjunkeesラジオ
格安の夕べ !
  • いいえ今後のイベントん
AEC v1.0.4デベロッパー
カテゴリ